馬券で勝つ気があるなら、まずは負け方から見直そう

競馬予想で考えがコロコロ変わったあげく、馬券を取りこぼしている方は今やっている馬券へのアプローチを変えたほうがいいのかもsれません。もちろん馬券で勝ちたいならばという前提ですけどね。
馬券で負けている人のパターンって大抵は、自分で予想する→解説者や予想家の意見を参考にする→サイン馬券を気にし出す→パドックでの状態が気になる→馬体重が気になる…
といった具合に、自分で予想しておきながら感情を揺さぶってくる余計な情報に振り回されて、他人本位な馬券を買っている人が多いのです。他人本位の馬券でたまには勝つこともあるでしょう。でもそれをするならずっと同じスタンスで他人本位の馬券を買い続けたほうが的中率や回収率も向上すると思うのです。
ずっと同じスタンスで他人本位の馬券を買い続けるというのは、例えば一人の特定の予想家の馬券を買い続けるみたいなことです。
ギャンブルって勝つことにばかり目を向けちゃいますが、勝とうと思うなら負けに目を向けたほうが断然勝ちやすくなるのですね。
上記の他人本位の馬券も誰かれ構わず、自分にとって受け入れやすい人の意見を予想に反映させるので良くないのです。良くないというのはまさに負け方がってことです。馬券向上の鍵は負け方が上手になること。いかにいい負け方をするかを模索しない限り、自分なりの勝ち方である価値は生まれてこないのです。
僕にとって、いい負け方ができて将来的には勝ちや価値につながる馬券の買い方ができるのは「コンピ指数」だと思っています。コンピ指数とは日刊スポーツが発表している競走馬の能力指数。日刊スポーツ紙面でも見られますし、日刊スポーツが運営している極ウマプレミアムで見ることができます。
極ウマプレミアムの口コミサイトでは、日刊スポーツのコンピ指数について、自分の感情に振り回されずに馬券を買って回収率を向上させたい人におすすめであると結論づけています。基本的に馬券って参加レースが多くなるほど負けやすくなるんですよね。
なので勝ち負け関係なく、競馬に馬券に参加したい人にとってコンピ指数はお勧めできません。でもせっかく馬券を買うなら勝ちたいよね、儲けたいよねって人には極ウマプレミアムのコンピ指数がもっとも望んでいるものに近いのではないかと思います。
コンピ指数自体は数字でしかないので、それをどう料理するかはそれこそ使う人それぞれの価値観によるものだと思います。でも月に800円で馬券や参加レースの判断材料が手に入るなら、コスパ良すぎだと思いますけどね。
でも馬券ってついつい買っちゃいませんか?締め切り前になると、急に馬券を買いたくなる衝動に駆られる自分との戦いに負けないことも大切ですよね。そればっかりは何かツールで解決できような問題でもなさそうです。