自殺の本当の理由を探してみたら

信じようと信じまいと猿研究者が自殺未遂者を対象にしたある実験をした。
それは彼らに自殺することを想像してもらうというものだどの被験者も手段までは思いついてもそこから先どうなるのかということを想像できるものはほとんどいなかった。
しかし実験の数日後自殺と想像できた被験者が自殺の成功をしてしまった人の想像できることは実現可能なことだと言うが果たして。
信じようと信じまいと存在を無視され続けるという悪質なイジメにあっていた 教師が問いかけた際彼女は無視じゃない私が油断している隙に世界中で私を観察している。
あんたもと言ったもちろんそんな事実はない教師は医者に診てもらうように勧めそのまましばらくが過ぎたそして彼女は自殺した衣装はなかったが分厚い封筒があり中には何枚もの写真歩道から移した