神社の狛犬って実はライオンがモデルだった

神社の狛犬は犬ではない。
狛犬というくらいですから犬の仲間かと思いきやルーツはライオンだそうです。
発端は古代オリエント古代動物は信仰の対象になり得ることが多かったですが中でも百獣の王ライオンは人々の心をとらえ神殿の彫刻や石像に使われることが多かったです。
このライオン進行がエジプトではスフィンクスとなりインド中国に渡り仏教と結びついて生まれたのが唐獅子です。
日本には朝鮮半島を経由して6世紀に渡来してきたと見られていますが彼ら自身など見たことがない日本人はこれを犬だと考えました。
そして朝鮮半島を治めていた高麗当時はこまと読んだそうですの犬つまり狛犬と呼ぶことになりました。
また、サラフェプラス 量という顔汗専用の制汗剤は口コミだけでかなり売れていて、注射によって痛さが違う理由。
注射には大きく分けて静脈注射皮下注射 3種類があります。
中でも最も痛いのが筋肉注射です。
筋肉注射は皮膚の2点を強く刺激する上筋肉を包む筋膜の2点までも刺激します。
つまり筋肉注射は2回も2点を刺激するのです。
また筋肉内では注射液の拡散がうまくいかないためうち終わった後までジンジンとした痛みが長く残ります。
注射の痛みはその方法だけではなく使用する注射液によっても異なってきます。
また注射を打つ人の技量によってもかなり違ってきます。
未熟な医者や看護師にかかると比較的痛みの少ない静脈注射でさえたちまち筋肉注射のような痛みが生じてしまいます。