幼児期に英語の学習をすると発音や会話力が高まる

幼児が一般的にどの年齢までかを指すかは不明確ではありますが、私は前職で早くて生後6か月から大人まで沢山の英語学習者の方々を見てきました。
そこで言えるのは絶対的に未就学児までに英語教育に触れさせたほうが良いという事です。
理由は日本の教育だけで小学生以上から初めて英語教育に携わった方とは、発音や連想力そして会話力が変わってくる事が大きいからです。
3歳前後の年齢子供は日本語の成長能力が著しく高く、半年前は単語だけ並べた表現ですが、数カ月に再会するときには文章で自分の気持ちを見て、感じたままに話すようになってきます。
これは学習をつかさどる脳の機能が急成長する時期だからです。
その為、音や映像そして体で感じる事が一番すぐれているこの時期に、英語も母国語と同様に音、映像、体を使って取り入れる事によって日本語と同じような習得方法で身に着けられます。
子供が話せるのは、ご両親や周りの大人の方そしてテレビやラジオの音を聞き音で覚え、それを映像(大人の表情や動作、テレビの映像など)を通しどうのように使用する言葉なのかを理解します。
そしてそれを実際に大人の前で使用方法が間違っていないのかを普段の生活の中で確かめながら身に着けているからです。
大人になってからも新しいビジネス用語や洒落た単語や英語を覚える事もできますが、吸収力は衰えていますし、使いたい時に思い出せないのは、実際に使用している人、使用機会が少ない表現が多いからです。
またそのような表現を使用しなくとも生きていける事を脳も体も理解をしてしまっているからです。
それとは違い幼児の子供は大人の真似もしたがりますし、大人が笑えば一緒に笑いたいとそして自分で自分の事をしたいと、常に成長をしております。
言葉を変えれば幼児期はサバイバル精神旺盛なのです。だからこそこの時期から触れさせる事が大切です。
メリットはなんと言っても興味が続き継続が出来たお子様は、ネイティブに近い発音、そしてか会話力がつきます。
しかし2歳以上になってくると母国語での意志表現が単語だけでも簡単になってくるので、目の前の小さい嫌な事に対して向き合わなくなってきてしまう事です。
この飽きから本当に嫌いなってしまうと次に触れさせたいと周囲が思った時には向き合わせるのが容易で無くなってしまう事です。
これは大人が英語をなくても、最新IT技術がなくても生きていけると思い始めるのと同じ事です。
なので英語教育には教える方の意欲と、いかに英語が必要かを示せる事(英語だけの環境にし、その中で『伝わらない=悔しい』『伝わった=嬉しい、楽しい』を繰り返し行える事)また、ご両親など周囲も海外製品や音楽、テレビ番組などで自宅でも英語が身の回りに沢山あり、必要なんだと思わせる空間作りが必要です。
その為それらの環境を整え継続をしていくにはやはりお金は早い段階からかってきてしまいます。
セブンプラスバイリンガル 半額