動物性の食材が人体に与える影響!

“今日の晩ごはんは何にしよう?
とんかつ、ステーキ、カレーライス。
このようなことを考えるのが当たり前となっている飽食の時代の現代社会。
ファーストフードやファミレスなどのメニューには魚、肉、卵など食材を多く利用するものがあります。
動物性の食材には質の高いタンパク質が含まれていて人が生きるためには不可欠な栄養素ですが、肉の脂質は溶ける温度(融点)が人の体温より高いので、腸の中に蓄積しやすく腐敗して有害なアンモニアを生み出します。
アンモニアが作り出されると肝臓はアンモニアの分解を優先するので、元々肝臓が持つ代謝機能が低下してしまいます。
アンモニアが持つ強力な毒性は、肝臓で尿素という弱い毒性の成分へと変えられます。
その際に肝臓や腎臓に負担かかります。”