健康でいて欲しいという願いを叶えるキャットフードの選び方

キャットフードを選ぶときには健康でいて欲しいという願いを持っている人が多いでしょう。
大切にしている猫にいつも元気でいてもらうためにはどのようにしてキャットフードを選んだら良いのでしょうか。ここではシンプルな考えでキャットフードを選ぶ方法を紹介します。
・重要なのは原材料よりも食いつきの良さ
キャットフードの原材料に注意して選ぶべきという考え方が広まっていますが、実際にはキャットフードへの食いつきの良さを重視するのが大切です。
市販されているキャットフードはペットフードとしての安全性が確認されているので、この原材料が含まれているから健康を害するというようなリスクは基本的にありません。酸化防止剤はよくないといった議論もありますが、キャットフードの品質保持のために重要な成分です。
あえて健康重視でキャットフードを選ぶなら、機能性があるとされる成分が含まれているものを選ぶのが良い方法です。オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸、ビタミンEやビタミンC、プレバイオティックスなどが代表的なもので、特にシニアになると有用性が高まります。年齢を重ねてきた頃にキャットフードを再考するときには検討材料にしましょう。
キャットフードで食いつきが重要なのは、毎日必ず必要量を食べていれば健康でいられる総合栄養食となっているからです。毎日欠かさず喜んで食べてくれるキャットフードにすればいつまでも健康でいてくれます。食べ過ぎて肥満になるリスクがあるので与える量は注意する必要がありますが、飛びついて食べるくらいのキャットフードにするのが最良の選択肢です。
キャットフードは食いつき重視で、少量を与えてみて比較検討しましょう。
食べさせてみないと食いつきが良いかどうかは判断できません。高ければ良い、安ければ悪いというわけではないので、無理のないコストパフォーマンスのキャットフードから順番に試してみるのが良い方法です。
良質な素材を使っていると食いつきが良い傾向はあるので、あまり食べてくれないときには素材の品質を見て候補を選定しましょう。
・まとめ
キャットフードは危険性を考えて原材料を見て決めるべきという考え方もありますが、安全性を確保されているものだけが市販されているので過度に心配する必要はありません。重要なのは毎日キャットフードを喜んで食べてくれることです。
猫の好みによってどのキャットフードに食いつきが良いかは違います。コストパフォーマンスの良いキャットフードをいくつか試して、食いつき重視で選ぶようにしましょう。
私がとくにおすすめと感じるキャットフードは「モグニャン」。もし気になればモグニャンの最安値情報をチェックするのもおすすめです。