コロナ禍で気になっているのが、通信教育や個別指導。

小学校から高校までの、学校に通うお子様がいる親の悩みの一つとして、
子供を塾に通わせた方がいいのか、費用に見合った成果が本当に得られるのかという悩みを良く耳にしますが、
子供の友達が「塾などに通っている」と聞く中、自分の子供は塾に通わせないといけないのか?という恐怖心もあります。
しかし、小学生の子供の場合、塾に通うことで学習する習慣が身に着く可能性が高いので、無駄にはならないと思います。
小学生のうちから学校外での学習習慣を身につけられることで、
今は我慢しなくてはいけなくても、将来的にいい影響があるでしょう。
受験するかどうかはひとまず置いておいて、継続的な勉強の習慣は子供の学習に置いて大切なことですから、
高い受講料が無理という方でも、週に1コマ・2コマという少ない時間でも、取り組み続けることに意味があると思います。
個人指導ではなく集団指導を選択するなら集団指導に実績のある栄光ゼミナールなどをお勧めします。
マンツーマン指導が希望であれば、個別指導塾の明光義塾・スクールIEなどがあります。
家の中にいてもメリハリをつけて勉強に取り組めるお子様には、集団、個別のような対面のものだけでなく、通信教育という選択もあります。
中学生の子供さんをお持ちであれば、高校受験対策としての進学塾を検討される方が多いと思います。
高校への進学が目標であれば進学塾の必要性はそこまでないと思いますが、
しかし、大学進学を考えているのでしたら、未来を見越して、偏差値の高い高校に入ることが、
大学受験やセンター試験の対策の基礎学習がしっかり行えるはずです。
大学進学を見据えた高校選びをするのであれば、進学塾・予備校等の利用を検討するのが良いです。
高校受験対策の中学生向き塾として、東進や栄光ゼミナール、早稲田アカデミー、高校受験STEPなどが人気です。
個別指導に特化した塾としては、明光義塾・トーマス・個別指導塾スタンダードなどがあります。
新型コロナの影響で、塾や予備校に通わせることをためらうご家庭も増加しており、
親の仕事がテレワークを導入するような世の中になり、通信教育の需要も増えてきています。
高校受験対策の通信教育ですと、スマイルゼミ、Z会の通信教育などが有名で、それぞれ特徴があり目的に応じて選択することができます。
オーダーメイド式学習として注目されているのがスマイルゼミで、理解度ごとに子供が勉強できる仕組みを整えていて、
通う学校の教科書に準拠した適切な教材が選択可能で、実技も含めた9教科の学習ができるため、定期テスト対策が行えます。
知名度が高く、通信教育と聞いてパッと思いつくといえば進研ゼミ。難関校に通う子供の親御さんから支持率が高いのはZ会ですね。
進学塾も通信教育も数多く存在し、それぞれに特徴がありますので、お子様本人の向き不向きをふまえた上でご検討ください。
トライグループ