アトピー肌のクレンジング注意点

人間の身体には様々な菌が常に住んでいて、外から侵入して来ようとする菌から守ってくれるようバリアを作っています。

腸の中にも腸内フローラという常在菌がいるように、私たちの肌表面にも肌フローラが存在して、肌の健康や美しさを作り出しています。

アトピーをはじめ、肌のコンディションが安定しないゆらぎ肌の方は、肌表面の肌フローラのバランスが崩れやすい状態になっていると考えられます。
一度崩れてしまった肌フローラのバランスを健康な状態に戻すのは、ある程度の時間が必要になります。

肌トラブルを一度起こしてしまうと長引いてしまうのは、そのためです。

肌フローラを健全な状態に保つためには、洗浄力や殺菌力の高いクレンジングで肌の善玉菌を洗い流してしまわないこと。

洗浄力・殺菌力の高いクレンジングは、使用直後にはさっぱり感があり「キレイになった!!」と錯覚しがちですが、実は肌に必要な善玉菌や皮脂・うるおいなども奪ってしまっているんです。

洗浄力・殺菌力が強いクレンジングを選ぶのは避けるようにしましょう。

最近は肌用の乳酸菌(善玉菌)を配合し、善玉菌を成長させたり、増やしたりするクレンジングが販売されています。
アトピーの状態が悪化している時などに、コスメなどの香りを嗅いだだけで肌がピリピリしたことはありませんか?

肌は私たち自身が思っている以上にデリケートです。

外からの刺激に対して、とても敏感に反応します。

クレンジングに含まれている成分に肌が反応して、アトピーが悪化する可能性は高いです。

また、アトピーだけでなくかぶれなどの肌荒れを起こすことも考えられますので、必ずクレンジングの配合成分(香料・添加物・原材料)はチェックするようにしてください。

特に、界面活性剤・強い香料・合成着色料、シリコン、鉱物油などには注意が必要です。

原材料名が明記されていないクレンジングはNGです。

アトピーを悪化させないためにも、クレンジングの配合成分には気を配りましょう。
過去にかぶれなどの肌トラブルを起こしたことがある成分が含まれていないかを必ず確認するようおすすめします。

アトピーの方は無添加で天然の素材から作られていて、人工的な成分ができるだけ使われていないクレンジングが適しています。